TEL
MENU

Blog記事一覧 > お知らせ,スタッフブログ > 「交通事故治療は三カ月以内に終わらないといけないの?」そのご質問にお答えします

「交通事故治療は三カ月以内に終わらないといけないの?」そのご質問にお答えします

2018.05.24 | Category: お知らせ,スタッフブログ

こんにちは、いしばし整骨院の石橋です^^

 

 

「交通事故の治療は三ケ月で終わらないといけない」

 

交通事故の治療期間でよくその言葉を聞きます。

しかし三カ月で終わらなければいけないというのは間違いです。

 

三カ月というのは保険会社の担当者の方が勝手に言ってくる目安のようなものです。

「もうすぐ三カ月になるので治療を終了しませんか?」

「治療は三カ月を目安にしてください」

あくまで保険会社の目安のなので必ず三カ月で終わらなければいけないというものではありません。

 

 

 

交通事故の治療を行うとまずは自賠責保険を使用しての治療になります。

自賠責保険は誰でも必ず加入しており一人につき120万円までの保証をしてくれます。

整骨院に毎日通院して三カ月を超え四カ月目に入ると治療費と慰謝料を合わせると

この自賠責の上限金額120万円を超える可能性が出てきます。

越えた分は任意保険である保険会社負担になってしまうため保険会社自賠責保険の上限金額を

越えての治療を嫌がります。

 

要は保険会社は自賠責保険範囲内の治療で抑えたいんです!

 

保険会社の勝手な理由なのでお怪我をされた方には関係のない話ですよね。

もし三カ月を超えて痛みがあるのであれば治療を続けてもいいんです。

保健会社の担当者の方の言葉に流されず納得のいく治療を受けられて下さいね。